キャリアアップの志望動機の書き方

 

「キャリアアップ」を志望動機に掲げる場合、

 

「自分の経験」と「企業の特徴」が合わないと、

 

面接で言葉が上滑りする可能性があります。

 

コツはマッチングと将来性を押すことです。

 

「キャリアアップ」 「スキルアップ」 の志望動機

 

キャリアアップを志望動機にする際、「なぜこの業界」「なぜこの企業」を明確化します。

 

特に2つ目の「なぜこの企業」は重要な要素であり、「出来ている人」は意外に少ないです。

 

「それはウチじゃなくても出来るでしょ」と人事担当者に言われたらアウトですよね。

 

 

まずは企業情報をガッチリ調べて、「志望する企業の特徴」をハッキリさせましょう。

 

次に、自分の経験と職歴を棚卸して、「自分の将来性」をハッキリさせていきましょう。

 

そして「自分と将来性」と「志望する企業の特徴」のマッチング作業を行うのです。

 


 

自分と企業の間に矛盾が生じれば、「ウチじゃなくてもいいよね」と人事に言われます。

 

と言うより、自分に合わない企業の可能性が高いです。単純な選択ミスということです。

 

会社の選び方だけではなく、このマッチングをおそらかにすると面接で見抜かれます。

 

 

志望動機の流れは、だいたい以下の通りになるでしょう。

 

 

「自分は〜の経験を持っており(自分の特徴)、御社で最大限発揮できます(企業の特徴)。

 

将来的には、御社で〜の経験を積み、△の業務に携わりたく御社を志望しました(将来性)」

 

 

「自分の特徴・売り」から書き始め、その延長上に志望企業があった。

 

将来は御社で経験を積み上げていって、具体的に○○の仕事がしたいと締めます。

 

前半は自分の経験と企業の業務を結びつけ、後半は目標と情熱で押すということです。

 

⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

第二新卒からの就職・転職カテゴリ一覧

  • 2011/07/04 11:23:04
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<