失敗しない会社選びのポイント


まずは典型的な失敗パターンを知りましょう。

 

  • 職種が合わない(興味がない、適正がない)。
  • 会社との相性が悪い(社風、待遇、将来性)。
  • 人間関係(集まる人間のタイプ、上司、不運)。
  •  

     

     

    職種が合わないのは「職種の決定」だけではなく、会社選びにも問題があったのでしょう。

     

    いざ入社したら話がまるで違った、希望の部署に行けなかったなど運の要素もあるはず。

     

    これは事前に「確認を重ねる」以外、自分でコントロール出来る部分は少なくなりますね。

     

     

    ただし、「会社との相性」「人間関係(一部分だけ)」は失敗を避けることが出来ます。

     

    『自分の価値観』と『業界・企業情報』の事前調査でミスマッチを防ぐのです。

     

    「自分の価値観」 × 「業界・企業情報」

     

    仕事や企業を決定する"軸"を持ちましょう。

     

    「給料さえ高ければハードワークでも良い」「給料はそこそこでOK、残業過多は勘弁」

     

    「将来は幹部になりたいので、支援制度がある会社に入社してバリバリ働きたい」

     

    ・・・などなど、「自分が何を優先するか」は自分でも意外にわからないものですね。

     

     

    自分の内なる願望を無視したまま、ひたすら就職活動している方も多いでしょう。

     

    しかし、就職が決まって入社してから「こんなはずでは・・・」と退職するのは最悪です。

     

    「自分の価値観」はないものねだりをするのではなくミスマッチを防ぐために行います。

     

     

    一度、自分が仕事に求めるものを紙に書き出してみましょう。

     

    どうしても思いつかない場合は、日常生活や人生をテーマにしてもヒントになるはずです。

     

    紙に書けば頭の中が整理されるので、「自分の軸」を明確化することが出来るでしょう。

     


     

    ミスマッチを防ぐには、業界と企業情報をリサーチする必要があります。

     

    はっきり言って、ここを疎かにして、なんとなく会社を決めている人が大多数でしょう。

     

    「大きい会社だから」「そこそこ有名だから」「給料が高いから」などが典型例ですね。

     

     

    現実には、大きい会社でも残業過多で社員が疲れきり、人間関係もギスギスしている、

     

    他方で、無名の小さな会社でも社員が楽しく仕事をしていたり待遇が良い事もあります。

     

    求人情報やイメージなど、表面的な情報だけで会社を選ぶのは危険なので辞めましょう。

     

     

    生の情報を収集しましょう。コネがあれば聞いたり、ネットで実態を調べることも出来ます。

     

    私の実感として、人間関係や職場環境が悪い会社のスレッドはかなり殺伐としています。

     

    もちろん、すべての会社の情報がネットで収集出来る訳ではありませんが、試しましょう。

     

     

    また、求人広告や会社のHPも重要な情報源です。

     

    ご丁寧にも「わが社が欲しい人物像」といったコンテンツを掲載している会社があるので、

     

    「どんな社風か」「保守的な会社か?」「まだ若い会社なのか」推測できるかもしれません。

     


     

    ちなみに

     

    「業界の特徴」や「企業体質」でどんなタイプの人間が集まるかは推測できますが、

     

    実際の人間関係ばかりは入社してみないとわかりませんから、運が左右しますね。

     

    ちなみに飲食系は性格がタイトな方が多いので、私には合いませんでした(笑)。

     

    ⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

    後悔しない会社の選び方カテゴリ一覧

    • 2011/07/04 11:25:04
    >>>悩んでいるならこちら<<<

    >>>力強いパートナーがいます!<<<