就職活動ではコネ(紹介)も活用しよう

 

コネという言葉に遠慮を覚えるかもしれません。

 

第三者の紹介によって就職することですね。

 

コネ(紹介)に関する驚くべき数字があります。

 

中途採用者の30%以上がコネで入社。

 

 

人によっては目まいを覚えるかもしれませんが、残念ながら事実のようです。

 

中途採用の求人は3割が埋まっており、残りの7割が世に出てくるということ。

 

これでは、かなりの働き口がコネによって埋められていますが、これも現実です。

 

普段から人脈作りを意識しよう

 

「自分にはコネがない」と早々と諦めるのはもったいないです。

 

いやらしい話かもしれませんが、なんだかんだでコネは身を助けるのです。

 

とは言ってもエゴ全開では、就職口の紹介はおろか、人間関係は破綻するでしょう。

 

 

人脈作りの基本は、ギブアンドテイクです。

 

自分が困った時に助けてもらうのではなく、相手が困ったら同様に一肌脱ぐ。

 

普段から意識していれば、こういった人脈を形成することが出来るようになります。

 

 

もちろん、就職した際には「コネ入社」がバレないようにしましょう。

 

コネで入社して仕事が出来なかったら周囲の目は冷たくなりますね。

 

就職活動は何も求人情報だけではないのでチャンスは活かしましょう。

 

 

知らないと損をする就職の真実(2)リストラ後に再就職する人の強み

 

後悔しない会社の選び方カテゴリ一覧

  • 2011/07/04 12:44:04
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<