求人の多い時期は1年に2つある

 

求人が多い時期は存在します。

 

1月〜3月・7月〜9月が求人が多いです。

 

求人が増える理由は以下の通りになります。

 

 

 

1月〜3月は、ボーナスをもらって辞める人が多く、欠員補充で中途採用が増えます。

 

また、4月(または10月から)新事業年度の事業展開に合わせて人員が必要になり、

 

新しい人材を補充しようとする会社が増え始めます(こちらも中途採用が増えます)。

 

 

つまり、就職活動のピークを「1〜3月」から「7〜9月」に持ってくるのがベストです。

 

企業のバイオリズムを考えて、就職活動を進めれば時流に乗ることが出来るでしょう。

 

おまけ:大手新聞の求人広告の特徴

 

大手新聞に掲載されている求人広告の種類にそれぞれ特徴があります。

 

新聞でも求人広告を貪欲に探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

朝日新聞 ⇒ マスコミ

 

日経新聞 ⇒ 専門職

 

読売・毎日 ⇒ 専門職・一般事務職

 

 

ちなみに正社員の求人は日曜日に多く、人材派遣は平日に多く出ているようです。

 

図書館に行った時にでも、時事チェックも兼ねて、確認してみるのも良いでしょう。

 

実践的な企業情報の探し方カテゴリ一覧

  • 2010/07/21 14:18:21
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<