集団面接はマナーを守るのがポイント

 

集団面接とはグループコミュニケーションです。

 

集団面接の目的は、応募者同士を比較することではなく、

 

他人とのコミュニケーション能力を推し量ることなのです。

 

 

例えば、「自己PRをして下さい」と言われ応募者たちに順番にPRをします。

 

その際に、他の応募者よりも長く話すと目立つことが出来ると考えがちですが、

 

一般的に面接官は周囲に配慮が出来ない人と判断することが多いそうです。

 

 

また、面接官が履歴書に目を通しているからと言って「周囲に意味が通らない会話」、

 

「周囲が理解できない省略」や「周囲が置いてきぼり」になる会話はマイナス評価です。

 

これはダイレクトに「周囲に配慮が出来ない」と採用担当者に判断されてしまいます。

 


 

さらに、他の応募者の話を聞くことも大切です。

 

他の応募者が話している間中、面接官を注視している方が心象が良さそうですが、

 

実際には「他人の会話を聞かない」と判断されるので、好ましい聞き方ではありません。

 

 

他の応募者が話している時には、身体もそちらに向けて会話を聞きます。

 

その会話の内容から質問を振る面接官もいるので、聞いていないのはNGです。

 

質問に答えられずに「他人の話を聞けない人」とマイナス評価を受けるかもしれません。

 


 

集団面接はグループコミュニケーションを重視しましょう。

 

他の応募者の意見を否定したり、他の応募者より自分を賢く見せる必要はありません。

 

大切なのは周囲を配慮しながら面接官とコミュニケーションが取れるかどうかです。

 

 

これが集団面接の最低限のマナーと心得るべきです。

 

その上に「他の応募者よりも個性を発揮できるか」「要領の良い説明・表現が出来るか」

 

といったパーソナリティーを前面に押し出せば、採用担当者の印象も高まることでしょう。

 

⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

ライバルに差をつける面接術カテゴリ一覧

  • 2011/07/25 15:12:25
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<