面接の服装と髪型、靴のポイント

 

服装の基本的なことは既におわかりと思います。

 

リクルートスーツに革靴、髪型は短髪で清潔第一。

 

基本的なことは皆やるので他で差をつけましょう。

 

 

スーツは汚れていないか?

 

スーツの肩口や袖口などは、面接会場に向かうまでに汚れていることが多いです。

 

また、ワイシャツはスーツの中に着るので油断しがちですが、これも袖口などに注意。

 

無論、ネクタイがゆるんだり、曲がったりしているのは問題外なので、確認をしましょう。

 

 

知人の採用担当者いわく「意外にスーツが汚れている人が多い」。

 

自宅から面接会場に来るまでの間に、どこかで汚してしまっているのでしょう。

 

面接官はこちらが思っている以上に、細かくチェックしているのです、要注意です。

 

靴下と靴はかなり見られている

 

個人的な体験談ですが、高校時代に政経の教師がこんなことを仰っていました。

 

「女の子のために良い男を見抜く方法を教えよう。デートのときの靴を見ることだ」

 

時代錯誤と言われればそれまでですが、靴が汚れている人は信用されないのです。

 

 

自宅から革靴を履いて、そのまま面接会場まで行くのはオススメ出来ません。

 

面接会場に入る前に、靴を一通りキレイにするのなら話はわかるのですが、

 

移動中に土やほこりなので、靴が薄汚れてしまい印象が悪くなってしまいます。

 


 

理想的なのは「KIWI」などで靴をピカピカに磨いておきます。

 

自宅からスニーカーなどで面接会場に行き、現地で履き替えます。

 

こうすることにより、採用担当者から好印象を得られることでしょう。

 

 

また、靴下もキレイなものを履いていきましょう。

 

採用担当者は良い意味でこちらの足元を見ているのです。

 

こだわりがあっても髪型は短い方が良い

 

男性はやはり短髪が基本。前髪が垂れていると陰気な印象を与えてしまいます。

 

とは言っても、若い方ですとこだわりのある方が多く、必要最低限で済ませがち。

 

頭を丸めるわけではありません。抵抗のある方も、心機一転も兼ねて短くしましょう。

 

女性の方はメイクにも気をつけて欲しい

 

私は男性なのでメイクには無知ですが、ハローワークのセミナーで聞いたことがあります。

 

女性が面接を受ける際は、(若い方は)きっちりしたメイクはあまり適さない、そうですね。

 

薄化粧が原則ですが、顔色が悪く見えないように頬紅で自然な赤みを与えると良い、と。

 

言うまでもなく、細すぎる眉毛や赤すぎる髪はNG、自然な雰囲気を演出するべきです。

 

 

とは言っても、男性の私が女性にメイクを教えても説得力がないですね。

 

面接のメイクを解説した動画を見つけたので、○○をどうぞ。

 

⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

これだけは知りたい面接術カテゴリ一覧

  • 2011/07/04 12:51:04
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<