面接で緊張しても怯えないこと

 

面接に緊張はつきものですね。

 

面接でも全く緊張しないというのはつわものです。

 

面接での緊張とどう向き合えば良いでしょう?

 

 

「緊張のあまり頭が真っ白になって何も答えれない」と言う方はさすがに問題です。

 

この場合は克服するべきですが、極度の緊張でない限りは気にしないことです

 

なぜなら、面接で緊張すること自体はそれほどマイナス評価にならないからです。

 


 

そもそも、場数を踏まない限りは緊張はするものです。これは諦めましょう。

 

また、面接での緊張は話し方に表れるのですが、スラスラ話せなくても良いのです。

 

採用担当者は、話し方の優劣のテストではなく、重視するのは「話の内容」ですね。

 

 

採用担当者が敬遠するのは「模範解答のような受け答えをスラスラとする応募者」です。

 

そのような方よりも、自分の言葉で自分の考えを話せる応募者が採用されます。

 

少しぐらいたどたどしくても良いのです。大切なのは自分の言葉で気持ちを伝えること。

 

とは言っても、緊張したくないという方は

 

人間はなぜ緊張するのでしょう?答えは「不安」だからです。

 

なぜ「不安」になるのでしょうか?おそらく、慣れていないからでしょう。

 

 

やはり面接練習を徹底して行い自信をつけることでしか緊張は克服出来ません。

 

友人や家族、面接セミナー、あるいは一人で徹底的に練習を重ねましょう。

 

ある程度の自信がつけば「(練習の成果を)試してやろう」ぐらいになるものです。

 

 

「100回の深呼吸よりも、100回の実践的な練習」の方が効果があります。

 

泥臭い方法になってしまいましたが、根本的な克服法は「慣れる」ことに限ります。

 

⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

これだけは知りたい面接術カテゴリ一覧

  • 2011/07/04 11:34:04
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<