フリーターなら健康保険証を取得

 

フリーターの方には保険証がない方も多いでしょう。

 

百も承知でしょうが保険証がないのは危険です。

 

風邪程度なら市販の薬で十分かもしれませんが、

 

大病を患ってしまったら、その時点でジ・エンドです。

 

健康保険証を薦める理由は、「3割負担」と「高額療養費」

 

例えば、風邪を患ってしまったら治療費は一般的に5000円程度です。結構、大きいですね。

 

しかし、健康保険証があれば治療費は「3割負担です」、したがって1500円程度を払えばOK。

 

 

以前、私がフリーターをしていた際に、目の病気になってしまったことがあります。

 

ご多分にもれず健康保険証はなかったのですが、痛みがひどくて眼科に駆け込みました。

 

窓口で「保険証がないのですが・・・」と伝えたら、「3万円程度掛かりますが、どうします?」

 

 

結局、治療は断念。1ヶ月ほど保険証の到着を待ちましたが、病気は放置せざるを得ない。

 

インターネットで自己治療の方法を調べて何とか痛みは和らぎましたが、正直辛かった。

 

 

普段から健康に気をつけることも必要ですが、まずは健康保険証を取得するべきでしょう。

 

経済的に可能なフリーターは即加入、お金がない方もなんとか工面してみてはどうでしょう?

 


 

一方で、「高額療養費」という制度も健康保険証がないと利用することが出来ません。

 

例えば、大病を患って手術せざるを得ない状況になり、100万円が必要になりました。

 

言うまでもなく100万円は大金です。しかし、ここで「高額療養費」制度の登場です。

 

 

「高額療養費」とは、治療費が約7万2千円を超えた場合には、あとで払い戻される制度。

 

言い換えれば、「高額療養費」のおかげで、治療費の上限は約7万2千円になるのです。

 

健康保険証のメリットを理解して頂けたでしょうか? 「高額療養費」はいざと言う時の助け。

 

 

これが保険証を持たないフリーターであれば、100万円の工面に奔走しなくてはなりません。

 

ただでさえ100万円の工面は大変なのに、社会的信用の低いフリーターなら尚のことでしょう。

 

最悪の場合、治療を受けられずに死亡することも考えられますし、現実に起きていることです。

 

フリーターが健康保険証を取得する方法

 

正社員が加入する健康保険を「職域健康保険」、それ以外が加入するのが国民健康保険。

 

つまり、フリーターが加入するのは「国民健康保険」で、市町村によって保険料は違います。

 

市町村によって税率は異なりますが、フリーターの年収なら月数千円程度になるでしょう。

 

 

市町村の役所に電話をして年収を伝えれば、保険料を答えてくれるので手っ取り早いです。

 

国民健康保険への加入を申請すれば、だいたい1ヶ月程度で健康保険証が送られてきます。

 

いつ病気になるかは誰もわからないので、フリーターはなるべく早く保険証を取得しましょう。

 

⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

フリーターが知るべき現実カテゴリ一覧

  • 2011/07/04 11:48:04
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<