フリーターのための職務経歴書の書き方

 

既卒者やフリーターの悩みが職務経歴書。

 

そもそも「職歴」がないから書けないのに、

 

「職務経歴書」を求める企業が大多数です。

 

 

結論は、「アルバイト歴を書く」「自己紹介書・自己PRにする」のどちらかです。

 

また、既卒者にありがちな履歴書の弱点をカバーするのにも「職務経歴書」は有効です。

 

職務経歴書にアルバイト歴を書く

 

パート・アルバイト歴は職歴ではないというフレーズは既卒・フリーターには耳タコでしょう。

 

しかし、既卒者の私たちには何も書く職歴がないので、いつまでも採用されないですね。

 

 

ヤングハローワークでは、職務経歴書にアルバイト歴を記載するよう指導しています。

 

そもそも職務経歴書の形式は自由。人事に「この人は何をしてきたか?」を伝えましょう。

 

 

特に「応募職種と関連性のあるアルバイト」「長期間、勤めたアルバイト経験」は、

 

採用担当者に力強くアピールできるポイントであり、絶対に伝えるべきことです。

 

 

具体的には、応募職種と関連性のあるアルバイトを経験していれば、

 

人事が「この人を採用したら、Aという仕事を任せられる」「基礎はある」と想像できます。

 

アルバイトであれ業務を経験しているのであれば、即戦力としても期待出来るからです。

 


 

また、長期間のアルバイト経歴も重要です。

 

人事はフリーターに対して「気楽だから就職しなかったのでは?」という見方をします。

 

同時に、「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか?」と言う不安も持っています。

 

 

その点、ひとつの会社やお店で長期間働いていた事実は強みになるでしょう。

 

「すぐに辞めてしまうのでは?」という人事の不安を打ち消してくれるからです。

 

まったく職歴がないのなら「自己紹介書」 「自己PRの形式」にする

 

既卒者には、書けるようなアルバイト歴もない方もいるでしょう。

 

その場合には、「学生時代」を元にした自己紹介書を書くのもひとつの手です。

 

 

学業・クラブ活動を中心にエピソードを具体的に述べながら、今後の目標などを述べます。

 

得意な科目や、ゼミナール・卒業研究、ボランティア経験などから、学んことを書きます。

 

 

また、自己PRは具体的に行いましょう。

 

自分のモットーや自慢できること、長所と言った抽象的なことを、

 

裏付けするようなエピソードと一緒に記入すると効果的に伝えることが出来ます。

 

⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

既卒・フリーターから就職カテゴリ一覧

  • 2011/07/04 11:20:04
>>>悩んでいるならこちら<<<

>>>力強いパートナーがいます!<<<