応募書類を入れる封筒の書き方

 

応募企業の住所。

 

右端には、求人にある企業の住所を記載します。

 

「番」「号」はハイフンで省略してはいけません。

 

 

宛先

 

  • 株式会社を(株)と略してはいけません。
  •  

  • 宛先は住所より大きい字で書くと見栄えが良い。
  •  

  • 宛名は応募事項の文面に合わせて正確に書く。
  •  

     

    「弊社人部宛に」  → 『株式会社○○人事部御中』

     

    「人事部田中宛に」 → 『株式会社○○人事部田中様』

     

    「田中まで」など → 『株式会社○○採用ご担当者田中様』

     

    「応募事項に特に何も書かれていない」 → 『株式会社 採用ご担当様』

     

     

    「履歴書在中」「応募書類在中」

     

  • 応募書類であることを示すために「履歴書在中」「応募書類在中」と赤字で書く。
  •  

  • 市販の封筒にはあらかじめプリントされているが、自分で手書きしても構わない。
  •  

    ← 書き損じることも考えられるので、市販のプリントされている封筒が好ましいでしょう。

     


     

    D 日付

     

  • 日付は履歴書の提出日を記入。郵送の場合は投函日を。
  •  

  • 数字は算用数字で統一。漢字表記を混同してはいけない。
  •  

     

    差出人の住所・氏名

     

  • 「番」「号」をハイフンで省略してはいけません。
  •  

  • 郵便番号は横書きにする。もともと縦書き表記ではありません。
  •  

    人事に好印象を与える封筒の送り方

     

    封筒を選ぶ際に、「茶封筒」か?「白封筒」か?という疑問に思う方も多いでしょう。

     

    確かに、最近は茶封筒は珍しくなってきており、応募書類には白封筒が目立つそうですね。

     

    しかし、結論から言えば、「茶」であろうと「白」であろうと合否にはあまり差が出ません。

     

    個人的なことを言えば、「白封筒」の方が清潔感があるので、私はこちらを使っています。

     

     

    人事に好印象を与えるには、応募書類に合わせた封筒を使用することです。

     

    書類を三つ折にする応募者が多数派ですから、折らない方が印象が良いそうです。

     

    応募書類はクリアファイルに入れて、二つ折りしても入る大きさの封筒に入れましょう。

     


     

    書類を入れる順番も重要です。前から「添え状、履歴書、職務経歴書」の順番が最適。

     

    開封した時に、添え状が目に入るとビジネスマナーがきっちりしていると感じるでしょう。

     

    また、「履歴書」「職務経歴書」という順番も、多くの場合、人事が目を通す順番ですね。

     

     

    さらに作品や作文を同封する際は、職務経歴書の「後」に入れるのが望ましいです。

     

    これは例外的な書類を入れているからです。作品などは最後尾に入れるべきです。

     

    「封筒の大きさ」「書類を入れる順番」この2点を守るだけで好印象を与えることでしょう。

     

    ⇒第二新卒・フリーター専門の就職活動サイトはこちら

    応募書類の基本的な書き方カテゴリ一覧

    • 2011/07/04 11:29:04
    >>>悩んでいるならこちら<<<

    >>>力強いパートナーがいます!<<<