アルバイトから正社員になれる業界

アルバイトで採用されて正社員に登用されやすい業界を選ぶことは大切です。

正社員になりやすい業界は外食産業、ガソリンスタンド、カラオケ店などです。

また、ベンチャー企業、出版社や編集プロダクションなどもそうです。

 

アルバイトから正社員になれる業界

アルバイトから正社員への登用を目指す場合、正社員になりやすい業界を選ぶことが大切ですね。

とは言っても、情報収集を始めて間もない頃では、なかなか突っ込んだ内情はわからないものですね。

 

指針となる正社員になりやすい業界は以下の通り。

 

業種では、外食産業やカラオケ店、ガソリンスタンドと言った接客業。

これらの業種は人材不足もあってか正社員に登用されやすいと言われています。

僕の友人・知人でもこの業界でアルバイトから正社員になった人は多いですね。

 

また、フランチャイズ展開をしている業界で正社員を目指すなら直営店がオススメ。

本部と直接繋がっている直営店で高い評価を受ければ社員として確保したくなるでしょう。

僕の友人にも、こちらのコースから正社員に登用された者がいて、かなり喜んでいました。

 

その他、ベンチャー企業・出版社や編集プロダクション・デザイン事務所などがオススメ。

こちらの業界もアルバイトから正社員になりやすいのでチャレンジしてみてはどうでしょう。

 

求人誌から読み取るアルバイトから正社員になりやすい業界

上記以外にも正社員に登用されやすい業界は埋もれているはずです。

そこで求人広告から正社員になりやすい業界を推し量る方法をお教えします。

 

同じ職種で、正社員とアルバイトを同時募集している業界(企業)は有望。

アルバイトで採用して、評価できれば正社員に登用しようという考えだからです。

「正社員登用制度あり」「正社員採用の途あり」とあればかなり有望と言えます。

 

希望する業界の求人を比較して、上記のような募集が多いか少ないかを確認します。

多数あればアルバイトから正社員になりやすい業界と判断することが出来るでしょう。

 

面倒な判別法にはなりますが、就きたい業種がハッキリしている場合は、

求人広告を多く見ることになりますから、自然とわかってくるはずですね。

タイトルとURLをコピーしました