面接での印象が良くなる答え方

面接での合否を左右するのは応募者の印象です。

印象を良くするのは返事の仕方、話し方と言ったものから、表情や声の出し方など非言語的なコミュニケーションにも左右されるものです。

 

面接での印象が良くなる答え方

面接で意識して欲しいのは印象です。

わずか数十分の面接で応募者の全ては知れない。

結局、合否は応募者の印象に左右されるものです。

 

ハッタリはいけませんが、基本的なことを意識すれば印象は良くなるものです。

入社後も使えるような、初対面でも印象を良くする受け答えの仕方を学びましょう。

 

社会人でも意外に使えない「正しい敬語」

社会人になっても、「正しい敬語」を使える人は多くはありません。

しかし、社会人は恥で済みますが、面接では致命的に働いてしまいます。

 

僕の考えですが、「敬語本」で一度ガッチリ勉強してみてはどうでしょう。

やはり一度勉強していないと、なんとなく間違った敬語のまま年を取ってしまいます。

最近では、わかりやすく解説した「敬語本」があるので、参考にしてみてはどうでしょう。

フリーターの方なら、勉強したことをアルバイト先で実践して身に付けることが出来ます。

 

ちなみに、日本企業で体育会系の人材が好まれるのは敬語がしっかりしているからです。

体育会系の部活では、先輩後背の上下関係がしっかりしており、嫌でも身に付きます。

このため、「体育会系の部活」の出身者は、面接でも正しく敬語を使える方が多いのです。

 

意外にバレてる表情の変化

面接で、暗い表情・ムッとした表情をするのはNGです。

特に圧迫面接でいじわるな質問をされた場合に、ついムッとしてしまう方がいます。

 

気持ちはわかるのですが、感情を表に出さないのは社会人の基本中の基本です。

普段から、感情をコントロールできるように意識して訓練することが必要になります。

 

「はい」の返事は明快に

ほとんどの方は大丈夫ですが、「はい」の返事の仕方がまずい方がいます。

「は~い」と間延びした返事をして悪印象を与えている方がいるからです。

この間延びした返事は「だらしない」「ふざけている」という印象がつきまといます。

 

言うまでもなく、返事の仕方は「はい」とハッキリ答えるのが基本です。

社会人でも意外にやっている方は多いので、就活している方は気をつけて下さいね。

 

質問されたことに的確に答えること

結論から言えば、「5W1H」がズレたまま答えてしまうケースが多いです。

具体的には、以下のような面接官と応募者の「質問と受け答え」です。

 

面接官:「ウェブデザインの仕事をしたいと思ったのはいつ頃ですか?」

応募者:「ある合同説明会で、ウェブデザインの会社の話がすごく面白くて、論理的な思考を求められることがわかり、自分の強みを活かせると思い志望しました」

 

質問の内容は「いつ」仕事に興味を持ったのかなのに、半ば志望動機になっています。

情熱ゆえのズレと見ることが出来ますが、質問には的確に答えることが求められます。

 

質問の主旨を意識できれば、それほど難しいことではありません。

「5W1H」に注意して聞いていれば、ズレることなく、的確に答えられるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました