フリーターはローンを組めるの?

フリーターはローンを組めるのか?

カードローン、自動車ローン、住宅ローンに分けてフリーターが組めるローンと組めないローンを解説してみました。

将来の人生設計にも関わるので参考にしてみて下さいね。

 

フリーターはローンを組めるの?

結論から言えば、組めるローンと組めないローン、この2種類に分けられるので事前に知りましょう。

一般的に審査が通りやすければフリーターも可で、審査が難しいローンはフリーターでは絶望的です。

 

フリーターはカードローンを組めるのか?

カードローンはフリーターでも組めるものがあい、フリーター専用のローンがあります。

とは言っても、収入によっては審査を通過できないので、必ず借りれる訳ではありません。

 

思わぬトラブルでお金が必要になることもあるので、ローンが組めないのは辛いですね。

ローンが組めなかったときは、家族を頼るか、持ち物を売ってお金を作るしかありませんね。

 

フリーターは自動車ローンを組めるのか?

結論から言えば、フリーターが自動車ローンを組むのは、かなり厳しいです。

銀行系ローンはまず1円も借りられないと思いますし、その他のローンも厳しいですね。

 

どうしても自動車ローンを組みたいのならば親にローンを組んでもらって、毎月親にお金を返済するという方法もあります。

つまり、信用のある人を立ててしまう。

 

また、フリーターであっても実家住まいの方であれば、有利に働くこともあります。

お金を貸す側からすれば、実家住まいのフリーターの方が支払えるお金が多いからです。

 

つまり、工夫やシチュエーションによっては、フリーターでも借りれるかもしれません。

ただし、一般的にフリーターの社会的信用は低いということは覚悟しておくべきでしょう。

 

フリーターは住宅ローンを組めるのか?

フリーターが住宅ローンを組むのは、ほぼ絶望的です。

定職がない人に対して、銀行は多額のお金を貸すことはあり得ません。これは無理です。

 

また、「一生賃貸で良い」という方でも、年をとるに従って、入居審査が厳しくなります。

フリーターには住宅問題がつきまとうということです。実家暮らしの方は肝に銘じましょう。

 

【まとめ】フリーターの社会的信用

この記事を書くに当たって、いろいろ調べましたがやはりフリーターの社会的信用は低い。

僕も数年間フリーター生活をしていましたが、不便に感じる場面はそれなりにありましたね。

 

その度に「やはり正社員にならないと不利なんだな。頑張らなくては」と痛切に感じました。

フリーターだからという理由で、冷たい現実を突きつけられても、それをバネにして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました