履歴書の空白期間は対策できる

履歴書の空白期間の対策法です。

通常、空白期間は面接で口頭で説明するものですが、どんなに上手く答えてもマイナス評価になりがちです。

自分で履歴書の空白期間を説明するシートを作成すれば、逆にアピール出来るでしょう。

 

履歴書の空白期間は対策できる

既卒向けの就職本である「それでも就職したいあなたに」では、履歴書の空白期間について驚きの対策法が紹介されています。

 

空白期間を説明するシートを作成して逆にアピールする。

応募書類が不足しては失格ですが、追加する分には構いません。

後ろめたい空白期間をむしろアピールしてしまう逆転の発想ですね。

 

「空白期間」説明シート 作成の仕方

空白期間にしたことを時系列に書き出していきます。勿論、プラスになることです。

本書では「旅行・資格取得・自己啓発セミナー・大学の訓練課」などを例にしています。

 

僕もサンプルを作ってみました。かなり汚いですがイメージをつかめれば幸いです。

左に活動としてウェブデザインのアルバイト・右に読んだ本や参加したセミナーを記載。

 

 

「空白期間」説明シートのメリット

既卒者・フリーター・第二新卒者は抱えてしまった履歴書の空白期間に怯えています。

面接官に聞かれた時に上手く答えようとしますが、実際は言い訳がましく聞こえてしまう。

どれだけ正当な理由があろうと、悲しいかな、空白期間はマイナス判断されてしまいます。

 

そこで「空白期間」の説明シートを自作すれば、逆に空白期間のアピールになります。

もっとも避けたい「家でダラダラしていたに違いない」という誤解を回避することが可能。

そもそもここまでする人はあまりいないので、応募の時点で他より抜きん出ていますね。

 

この本を書いた秋庭洋さんはご自身が既卒から就職された経験があり、既卒・フリーター・第二新卒向けの求人サイト「いい就職com」の代表をされています。

 

既卒向けの求人サイトの代表のアイデアですから、非常に説得力に富んでいますね。

履歴書に「空白期間」を抱えて絶望的になっている方はぜひ実践してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました