フリーターは就職できない?

フリーターは就職できないのでしょうか?

もちろん、フリーターの方が就職活動で成功を収めて正社員になった事例はあります。

ですが、現実には超えなくてはいけないハードルがあり、円滑に就職できないことも事実です。

 

フリーターは就職できない?

既卒・フリーターは就職できないのでしょうか?

結論から言えば、就職できないわけではありません。

ただし、新卒よりもハードルが高いことは事実です。

ご存知の通り、一度レールを踏み外してしまうと再チャレンジは困難になります。

なぜ既卒の就職が難しくなるのか? 結局のところ、この2点に集約されるでしょう。

  • そもそも日本は新卒至上主義であるから。
  • 既卒はどうしてもキャリアが乏しくなるから。

 

そもそも日本は新卒至上主義であるから。

日本は新卒で就職することが大前提となっています。

企業が新卒一括採用をするのは言わば慣例であり、採用する側にもそれなりの理由やメリットがあります。

  • 決まった時期に大量に採用する方が手間が掛からない。
  • 1人の講師で大量の社員を教育出来るのでコスト削減。
  • 新卒の人件費は安く抑えることが出来るのでコスト削減。

 

しかし、就職活動をしている時にたまたま就職氷河期が重なってしまったり、単純に就職に失敗すると、新卒至上主義の構造ゆえに再チャレンジは難しくなります。

厳しい話になりますが、既卒者が受け止めるべき事実は以下の通りです。

 

「正社員=新卒成功者」 「正社員=新卒で成功し、職務経験がある者(中途)」

 

既卒はどうしてもキャリアに乏しくなるから。

フリーター暦をキャリアとして見る企業はほとんどありません。

残念ですが、既卒者の弱点はこのキャリア(経歴)なのです。

(※応募職種に関連性があれば評価してくる場合もあります。)

 

そもそも新卒で失敗したのでキャリアを積めませんね。

そのまま、アルバイト・派遣での就労になってしまいます。

実務経験を積むことが出来なくなるので、中途採用枠でも「即戦力なし」と見なされます。

 

また、「年齢」の問題も強調しなくてはなりません。

30歳を過ぎると求人は極端に減少して、40歳を過ぎると職種が極端に狭くなります。

再チャレンジをするのに年齢が若いことに越したことはありません。今すぐ始めましょう。

 

既卒は就職できないのか? まとめ

  • 就職できない訳ではないが、正社員経験がないと厳しい戦いにはなる。
  • 具体的な弱点は経歴。職務経歴書に書けることが乏しくなってしまう。
  • 優秀な人材は新卒で採用されているという人事の視点も現実にはある。
タイトルとURLをコピーしました