資格の取得は就職に繋がるのか

資格の取得は就職に繋がるのでしょうか。

残念ながら、一部の超難関資格以外は就職に直結しません。

しかし、希望する職種に関連したし書くは「意欲」「最低限の能力」を示すことが出来ます。

これらの要素からフリーター・既卒は取得を検討するべきです。

 

資格の取得は就職に繋がるのか

資格を取得すれば就職に直結するのか?

残念ながら、かなりの難関資格だけです。

 

具体的には、公認会計士・司法書士など。

「資格 取得 ⇒ 就職!」は甘い夢なのです。

 

と言うのも、フリーターになって抜け出せなくなると資格に活路を求めがちです。

確かに資格を持っているのが当たり前の風潮ですが、現実には実務経験ありき。

結局は経験者が優遇されるので、フリーターにとってそれほどの意味を持ちません。

 

資格の価値との向き合い方

それでは資格を取得する意味はまったくないのでしょうか?

就職に直結するという視点では、まったく意味がありません(「士」系の資格は除く)。

就職活動を少しでも有利にするという視点では、それなりの意味があるでしょう。

 

と言うのも、事務員の面接を受けに行ってやる気マンマンで志望動機を述べた。

採用担当者は好印象を受けたのですが、「事務に関連する資格」は一切ナシ。

口では「やりたい」と言っているが、果たして本当に意欲があるのか疑います。

 

似たようなケースは、面接で「パソコンは使えます」「自信が使えます」と一押し。

しかし、資格欄にPC関係の資格はなく、本当に使えても証明出来ていません。

逆に資格欄にPC関係の資格があれば、「本当に使えるようだ」と人事は頷きます。

 

このように就職に直結はしなくても、自分の価値を高めるには必要になります。

資格は意欲を示し・ある程度の能力を客観的に証明してくれる道具なのです。

単に「学習能力はある」「努力出来る」という印象にも繋がるので損は無しです。

 

結論から言えば、既卒・フリーターは本当に就きたい職種を決定するのが先決です。

その上で、「職に関連した資格」の勉強をして取得できれば自己演出の材料になります。

 

但し、資格に取得に「大金」を掛けたり、「長期間」を割かなくてならないのならば、『資格取得のコスト』と『資格の利点』を比べてコストパフォーマンスで考えましょう。

くどいようですが、資格の取得は就職には直結しません。結局は実務経験ありき。

『あれだけ「時間とお金」を掛けたのに意味がなかった』とならないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました