就職サイトの特徴と活用する方法

就職サイトの特徴は、エージェントが相談に乗ってくれること、非公開求人が閲覧できること、また、これらを無料で利用できることです。

しかし、就職サイトにもデメリットは存在します。

 

就職サイトの特徴と活用する方法

就職サイトのメリットは以下の3点です。

  • エージェントが相談に乗ってくれる。
  • 非公開求人を閲覧することが出来る。
  • PC、携帯上から求人を探すことが可能。

 

ひとりで悩むより、就職サイトを活用してみよう

フリーターも第二新卒者も、多くの場合は、ひとりで就職活動しなくてはなりません。

やる気があるときは意気揚々と就職活動できますが、落ち込んでいる時は孤独を感じます。

 

また、新卒者は友達と情報交換をしながら就職活動を進めることも出来ますが、

フリーターや第二新卒者はひとりで就職活動しているので、情報の幅もたかが知れています。

せいぜいインターネットで企業情報を検索したり、同じ境遇の友人に聞く程度になりがちです。

 

それでは、就職サイトに登録してエージェントと一緒に就職活動してみてはどうでしょう?

非公開求人もあるし、専門性の高いサイトなら業種に特化した情報が掲載されています。

また、就職に関して悩みや疑問があればエージェントに相談することも可能です。

 

就職活動は孤独な戦いになりがちです。しかも、就職するまで終われない長丁場ですね。

小さな悩みが蓄積してくると精神的に結構キツイです。いずれ、一気に表面化するでしょう。

こういう時に相談できる専門家がいれば、いくぶんメンタルの管理にも役立つはずですね。

 

このようにエージェントに相談できること、非公開求人が掲載されていること、

就職活動に役立つ有益な情報が入手できること、これらを無料で利用することが出来ます。

 

就職サイトのデメリット

ほとんどの就職サイトは無料で利用できます。それでは、どこから収益を得ているのでしょう?

就職サイトは、企業側に人材を紹介することによって紹介料を得て運営されています。

つまり、就職サイトは我々求職者ではなく、企業を相手とした商売と表現することも出来ます。

 

この仕組みのおかげで我々は無料で利用できますが、残念ながらデメリットも生まれます。

残念ながら、就職サイトの利益になるような優秀な人材から紹介されていくのです。

つまり、フリーターや第二新卒者には少々厳しく、登録したものの放置されることもあります。

 

やはり、ボランティアではないので、キャリアのあるベテランから紹介されるのが実情ですね。

しかし、就職サイトで正社員になった方もいますし、フリーター向けの就職サイトもあります。

基本的にフリーターのチャンスは限られていますから、幅広く活動してみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました