アルバイト経歴のアピール方法

アルバイト経歴を上手くアピールする方法です。

一般的にアルバイトの経歴は履歴書に記入できませんし、職歴としても評価されません。

しかし、言い方によってはアピールポイントにすることが出来るのです。

 

アルバイト経歴のアピール方法

当サイトではアルバイトの経歴であれ、以下の条件を満たせば履歴書への記載を薦めます。

  • 応募職種に関連性のあるアルバイト歴。
  • 長期間に渡って勤め上げたアルバイト歴。

 

ただし、冷厳な事実ですが、ほとんどの人事は「所詮はアルバイト」という見方をします。

確かに、最近では社員並みの働きをするベテランフリーターもいて優秀な方もいます。

 

しかし応募企業の人事がそれほど柔軟なモノの見方をしくれるかは疑わしい限りです。

アルバイトの経歴を武器にしたいのはわかりますが伝え方を知らなくてはなりません。

 

アルバイトの経歴は押して伝えずに、控えめに伝える

フリーターが正社員を目指す時、武器はアルバイト経歴しかありません。

心理的にも追い詰められているので、アルバイト経歴を鼻息を荒くしてプッシュしてしまう。

 

「私は3年間、飲食店でアルバイトを経験しており、接客業の多くを学ぶことが・・・」

と言うようにアルバイト経歴をプッシュしても、人事担当者の多くはこう思うことでしょう。

 

「アルバイトの経験があるから、正社員の業務もこなせるなんてモノの見方が甘い」

多くの就職本で言われていることですが、僕も実際に面接で言われたことがあります。

 

「アルバイトの経験がそのまま活かせるとは考えていませんが・・・」

という「前置き」をしてから、アルバイト経歴のアピールを行うのがベストです。

 

「自分の経歴は浅い」という自己評価を示しているので、認識の甘さが気になりません。

フリーターに対するイメージを和らげる言い方なので、色々な質問をしてくれるでしょう。

 

僕はこの「前置き」をする前は、アルバイト経歴については触れられませんでしたが、

「前置き」後は人事担当者から質問をしてくれるようになり、アピールしやすかったです。

タイトルとURLをコピーしました