職歴なしから就職する方法

ご存知の通り、職歴なしから就職するのは困難です。

この場合は抜け道を通る考え方が重要。

具体的には、大量採用をしていて、急拡大をしている忙しい会社を狙いましょう。

こういう会社ならアルバイトからでも正社員を狙えます。

 

職歴なしから就職する方法

ご存知の通り、まったく職歴がないと就職は困難です。

特に年齢が高いフリーターなら絶望している方も多いはず。

 

今回は、「職歴なし」から”抜け道的”に就職する戦略。

答えは以下の3つの条件を満たす会社を選ぶことです。

 

  • 大量採用を行っている。
  • 急拡大している成長企業。
  • 上記を満たすなら、アルバイトからでもOK。

 

大量採用 × 急拡大

「大量採用=ブラック」という図式はあまりにも有名ですが、例外もあります。

急成長を遂げ、急拡大をしている企業は猫の手も借りたいくらい忙しいのです。

この場合、企業側は働き手が欲しいので大量採用を実施することがあります。

 

ここで想像力を働かせて、人事の視点で考えてみてください。

この不況下では求人数が減少、つまり数名程度の募集をしている企業が多いです。

採用担当者も、数名のなら「フリーターだけど採用するか」という冒険は出来ません。

職歴の乏しい既卒・フリーターなら、経験豊富な他の応募者に負けてしまうでしょう。

 

逆に、大量採用をするぐらい忙しい企業ならとにかく頭数を揃えたいのが本音。

はっきり言って、履歴書を精査する暇すらないので、採用基準も広がっていくのが実情。

多少、ブラックの香りがしても、現に成長している企業なのだからそこは目をつぶります。

 

アルバイトの採用でもOK

アルバイト採用なら就職とは言えませんが、ここでも急拡大企業の特徴を思い出します。

くどいようですが、こういった企業は猫の手も借りたいくらい忙く、人手の確保に貪欲です。

 

こういった条件下で、アルバイトで「意欲がある」「仕事ができる」と見られ、「意外に正社員に登用してもらいやすい」という特徴があるのでチャンスがあります。

忙しくない会社では、取り立てて正社員に登用する理由がないのでそうはいきません。

 

また、最初から正社員で採用する場合は、採用する側も警戒するものですが、

アルバイトなら「デキル人じゃなくても・・・」とハードルは低いので採用はされやすい。

入社してからも正社員は「ちゃんと仕事ができるか」という厳しい目、言わば減点方式。

 

ところが、アルバイトは最初から過度な期待はされていないので、言わば加点方式。

会社側の期待値を超える働きをすれば、良い評価を得られることでしょう。

最初から正社員を狙うより、履歴書の不利な点をカバー出来るので一つの戦略です。

 

この方法は、30歳以上のフリーターでギリギリに追い詰められているなら

以上、「職歴なし」から就職する方法をレクチャーしましたが、いかがでしょうか。

 

とにかく、「大量採用 × 急拡大企業」という組み合わせがキーポイントです。

単に大量採用しているのなら典型的なブラックですが、急拡大企業なら事情は違います。

 

追い詰められているフリーターなら、「とにかく紛れ込む」という考え方は重要ですね。

逆に、20代前半の将来あるフリーターなら、必ずしもこの方法が良いとは言いません。

最初から正社員を狙って就職活動するべきであり抜け道は取っておくべきだと思います。

こういう選択は個人の考え方に落ち着くのでしょうが、自分で冷静に考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました