面接で好印象を与える話し方

面接で好印象を与えるには伝え方が重要です。

具体的には、「結論+理由」で述べること、話の間合いを押さえること、模範解答・暗記的な受け答えを止めること、話が終わったら「以上です」で会話を終了させることです。

 

面接で好印象を与える話し方

話し方が上手な方は印象が良いですね。

逆に、話が伝わらない方は悪印象になります。

ほんの少し意識すれば「伝わり度」は変わります。

 

ありきたりですが、話し方の基本は「相手の理解のしやすさ」を意識すること。

面接だけではなく、ビジネスシーンのあらゆる場面で「伝える力」は必須条件です。

入社してからも必要になる能力なので、今のうちにしっかり学習して体得しましょう。

 

結論から先に話す。結論+根拠(理由)が理解しやすい

理解しやすい会話を公式化します。基本公式は「結論+根拠(理由)です。

結論を先に述べられることで、理解のしやすさは格段に向上するものです。

 

「興味のあるニュースは■■です。理由は、○○の業界への影響が強く・・・」

「○○の業界への影響があり、~なので、■■のニュースに興味があります」

 

結論を先すると、その後に続く内容で、結論と話者の考え方を全体的に理解できます。

逆に、前置き(理由)を述べると、「結論を早く言ってくれ」と感じてしまうものですね。

また、「この人は何を言いたいんだ」と予測する作業が発生するので親切にも欠けます。

 

伝えることには間合いが必要

くどいですが、伝えることは相手の理解を前提にしています。

面接官がよく理解出来ていないまま、暗記したことをスラスラ述べても逆効果。

 

相手の表情・相づち(反応)を確認しながら、伝えることが大切なのです。

話が複雑なところに差し掛かった時など、注意して相手の様子を伺ってみましょう。

あまり理解できていないようなら、こちらこそ補足して理解を助けるのが基本ですね。

 

暗記したこと・面接本の模範解答をスラスラと述べて「ひとりで納得」するのはNG。

やはり面接では、自分の言葉で自分の考えを伝えることが重要になってくるのです。

 

模範解答・暗記では人間性が伝わらない

本来、自己PR・志望動機は応募書類に書かれており、面接官は目を通しています。

それでも、面接をするなら、言うまでもなく応募者の人物像や人間性を見たいからです。

 

当たり前のことですが、それでも「模範解答」「暗記」で伝え・答えをする人は減りません。

プロの書いた模範解答ですから、聞こえは立派ですが、面接官は耳タコなのです。

 

多少たどたどしくても、自分の言葉で伝えることが大切です(しつこいですが)。

自分の言葉で伝えようとすれば、「情熱」「意欲」「人物像」は自然と伝わるものです。

 

話が終了したら「以上です」で結びます

志望動機や自己PRが終了したら「以上です」で結びましょう。

面接官に「よろしいですか?」と聞かれて「あっ、はい」と答える応募者が多数だそうです。

 

話が終了したら「以上です」で結び、終了したことを面接官に伝えます。

特に志望動機や自己PRなどの長文になる場合は、「必須」と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました