フリーターの履歴書の書き方

フリーターが悩みどころ履歴書。

フリーターが弱点をカバーし、強みを強調できるような履歴書の書き方を学びます。

「応募企業」と「関連性のあるアルバイト」を職歴欄に書き、また履歴書は自作するという方法です。

 

フリーターの履歴書の書き方

フリーターの悩みどころが履歴書ですね。

ほとんどの場合、アルバイト経歴しかないので、職歴の「弱点」やアピールの弱さに悩むものです。

 

フリーターが履歴書で効果的にアピールするために、以下の2点を提案します。

  • 職歴欄には関連性のあるアルバイト経歴を書こう。
  • 効果的にアピールするために、履歴書は自作する。

 

職歴欄にはアルバイト経歴を書くしかない

重要なことなので当サイトでは連発していますが、本来アルバイトは職歴ではありません。

そうは言っても、現在フリーターの方の多くはアルバイト経歴しかないのが冷厳な事実。

 

若者に特化したヤングハローワークでは、近年のフリーター増加の波を受けてなのか、「アルバイト経歴を職歴欄に書く」と指導しており、アピール法も伝えているのです。

この際、「アルバイト経験」と「応募企業の業務内容」に関連性が欲しいところです。

 

事務員を募集している企業であれば、事務員のアルバイト経験が関連性が高いですね。

このように、アルバイト経歴であっても関連性が高ければ強力なアピールになるのです。

 

効果的にアピールするために、履歴書を自作してしまう

既卒者・フリーターの何よりの弱点は「正社員の経験」がない、あるいは乏しいこと。

この場合、手持ちのアピールポイントを効果的に伝えられるか、が合否を分けますね。

効果的にアピールするには、履歴書を自分の経歴に合わせてカスタマイズすること。

 

履歴書は市販されているものしか使ってはいけない、そんなルールはありません。

自分の弱点をカバーし、長所を強調できるようなフォーマットにしても問題なしです。

また、履歴書のフォーマットを自作出来ればPCスキルをそのままアピールできます。

 

具体的には、アルバイトを1・2ヵ所で長期的に勤め上げたフリーターがいます。

この場合、職歴のスペースは小さくし、その分「自己PR」「志望動機」のスペースを拡大。

長期間続けたアルバイト経験について、効果的にアピールすることが可能になりますね。

 

また、複数のアルバイトを転々としてしまったフリーターの方も少なくないはず。

この場合、職歴のスペースは広くならざるを得ませんが、カバーする方法もあります。

アルバイトで行ってきた業務内容を記入する欄を作成し、目立たせてはどうでしょう?

 

「株式会社○○にて、△△の業務に携わる」といった従来型の記入法ではなく、上段「株式会社○○に勤務」下段 「△△の業務に携わり、□□の業務まで任される」というように職務経歴書と重複しない範囲で、サラッとでも業務内容を記入してみる。

勿論、「業務内容欄」は僕のアイデアなので、受け入れられるとは限りません。

したがって、自己責任になってしまいますが、この考え方だけは覚えてくださいね。

 

履歴書を自作する上での考え方は、「弱点をカバーし、長所を目立たせること」です。

採用担当者の厳しい目を、見て欲しいところに誘導するのがこの作戦の狙いです。

 

注意して欲しいのは、既存の履歴書のファーマットとかけ離れ過ぎないことです。

採用担当者は数十通の書類に目を通すわけですから、奇抜な履歴書では混乱します。

常識の範囲内で、自分の経歴に合った履歴書を自作するのもひとつのアイデアです。

タイトルとURLをコピーしました