第二新卒の自己PRの書き方

第二新卒の自己PRの書き方は、前職での経験、自分の強み、キャリアビジョンが大きな流れです。

とにかく第二新卒者は将来性重視です。

自分の強みと目標をしっかりPRしましょう。

 

第二新卒の自己PRの書き方

自己PRに悩んでいる方も多いでしょう。

第二新卒者の自己PRに必須の内容は、「前職での成果」「前職で得た経験」です。

 

第二新卒者は短期間に退職しているので「前職での成果」はないと遠慮しがちですね。

とは言っても、一度は就職していますから、間違いなく前職(現職)のことを聞かれます。

 

具体的には、前職(現職)でどういうことを学び、どういったスキルを身に付けたかを記載。

また、経験が浅い方は、学生時代の経験・アルバイト経験を合わせて記載しましょう。

 

具体的な、第二新卒者の自己PR

第二新卒者が自己PRを書くとき、以下の3点を押さえるとバランスが取れるでしょう。

(1)前職での経験 (2)自分の強み (3) キャリアビジョン

 

(1)前職での経験を書くときに気をつけたいのが、「謙虚さ」と「簡潔さ」です。

キャリアを充分に積んだ転職者ならここを前面に押し出すべきかもしれませんが、厳しい言い方ではありますが、第二新卒者は所詮は短期間で退職した者です。

 

3年以内で辞めているのに、「多くの経験」「深い知識を得た」というのは不自然ですね。

したがって、第二新卒者が「前職」をあまりに押し過ぎると人事の鋭い目が光るでしょう。

また、1年程度の超短期なら「1年程度で仕事を覚えられるとは思っていませんが~」という謙虚な姿勢を文面に示しながら、アピールした方が好感度は上がることでしょう。

 

「簡潔さ」も重要な要素です。前職(現職)を長々と展開するのはNG。

そもそも前職(現職)での経験は「職務経歴」でだいたいアピール出来ますね。

「職務経歴書」と重複しない範囲で、「謙虚」かつ「簡潔」に自己PRをしましょう。

 

(2)「自分の強み」を示すのは、自己PRにおける必須項目です。

ありがちな「コミュニケーション能力に自信があります」「粘り強く努力できます」などはNG。

あまりに典型的で人事担当者も読み飽きていますし、抽象的過ぎると信用できません。

 

 

「私は聞き上手です。相手の話し方から性格やバックグラウンドなどを読み取りながら受け答えをします。友人・知人からも悩み相談を受けることが多く、初対面の方であれ打ち解けられます。学生時代にもサークル内で要望や意見を聞き取り、調整役を務めることが出来ました。」

 

 

即興で書いたので模範解答ではないですが、かなり具体的ですよね。

ただ「コミュニケーション能力に自信があります」というより何倍も説得力があります。

また、「悩み相談を受ける」「初対面の方と打ち解けられる」「4年間サークルの調整役」など聞き上手の能力を裏打ちするような具体的なエピソードも盛り込まれているのです。

 

営業の仕事であれば、顧客からの意図や要望を上手に聞き出し、自社サービスの発展に寄与することが出来るでしょう、ポイントが高くなります。

ポイントは、「典型的なフレーズ」を避けるか、掘り下げることです。

また、具体的なエピソードを盛り込むことでハッタリではないことがアピール出来ます。

この自分の強みは漠然としたまま書き始めるより、事前に自己分析を徹底しましょう。

 

(3)キャリアビジョンは、第二新卒者は特に力を入れて欲しいところです。

就職経験があるとは言え、新卒者と同様に、これからの可能性を見込める人材です。

キャリアビジョンのポイントは「将来の具体的な目標」をしっかりと書き示すことです。

 

「○○の業務に携わり、■■の研究開発を行って、~の商品開発をしたい」というように、可能な限り『具体的にこういう自分でありたい、こういう仕事をしたい」と志望企業に入社後はどんな社員でありたいか、どんな仕事をしたいかビシッと示します。

くどいですが、第二新卒はポテンシャル重視。自分の可能性をアピールしましょう。

タイトルとURLをコピーしました