履歴書の自己PRの書き方

履歴書の自己PR欄は悩みどころです。

自己PRの書き方がわからずに困っている方も多いでしょう。

しかし、就職活動において自己PRは避けて通ることは出来ません。

 

履歴書の自己PRの書き方

履歴書の自己PRは以下の三段構えが有効です。

(1)→(2)→(3)の順に書けば説得力のある自己PRが作成できます。

 

  • (1) 経歴   – どんな仕事をしてきたか?
  • (2) アピール – そこから何を学んだのか?
  • (3) 結論   - これからどうするか?今後の目標は?

 

自己PRの例文

(1)(経歴)

株式会社○○では、自社商品のWebサイト運営スタッフとして、Webサイトへのリピート率向上や販売促進のためのアイデアを提案してきました。

 

(2)(アピール)

自社サイトで簡単な「占いと天気予報」のコンテンツを設けたところリピート率が向上しました。

また、広告バナーで自社をPRする10秒ほどのアニメーションを作成したところ売上が15%増加。

ストーリー性のあるアニメーションがブログ上でも話題になり、「仕掛ける楽しさ」を知りました。

 

(3)(結論)

今後は御社が取り組んでいる若者向けのWebコンテンツの作成・企画に携わり、持ち前の実行力を発揮して、人の役に立つコンテンツ作成をするのが希望です。

 

僕が思いつきで書いた内容なので突っ込みどころ満載ですが(笑)感じはつかめましたか?

「私は過去にこんなことをして、そこから○○を学んで、今は御社で△△がしたい」

この流れを守れば、不慣れな人でも自然に書きやすく、また読む側にも説得力を与えます。

 

自己PRは志望動機と並んで、就職活動をする者を悩ませる難題です。

しかし、それだけに真剣に書いている人は少ないようです(知人の採用担当者の談)」。

 

つまり、ここで頭にしっかりと汗をかいて自己PRを作成すればライバルに差をつけられます。

自分の経歴を「たな卸し」して、時間が掛かっても良いので納得のいく自己PRを書きましょう。

タイトルとURLをコピーしました