人事が採用したい人材のポイント

人事が採用したい人材のポイントをまとめます。

人事の本音を見ていくと、どの業種であれコミュニケーション能力の高い人を求める傾向にあるようです。

言葉遣い、質問の切り返し、説明能力などを面接で見ています。

 

人事が採用したい人材のポイント

これまた人事の本音をインターネット上から収集してみました。

人事の本音から採用したくなる人物像を明らかにしましょう。

 

特に2chの人事担当者スレは、その辺の就職ノウハウよりも、ナマナマしく実践的。

僕の見る限り信憑性もあると思いますし、現場の本音が垣間見えるので、どうぞ。

 

求人・専門サイト系

(1)キャリアがない、実績がない、「採用したい人 × 採用したくない人」

(2)応募条件に満たないのに採用される人ってどんな人?

 

2chの人事担当者スレ

(3)某企業の面接官だけど質問ある?

(4)元採用担当だけどなんか質問ある?

(5)ゲーム会社の人事だけど何か質問ある?

(6)(大手電機メーカーの)人事だけど質問ある?

(7)人事/採用担当だけど何か質問ある?

(8)人事で面接官やってるけど何か質問ある?

 

結局、人事/採用担当者はどんな人材を採用したいのか? まとめ

コミュニケーション能力がある人は好まれるようですね。

最近、やたらコミュニケーション能力というキーワードが使われているので、正確な意味がつかめない人も多いでしょう。

人事の記事を見ると、だいたい以下の通りと考えられます。

 

  • 言葉遣いがしっかりしている。
  • 面接官の質問を”的確に”切り返せる。
  • 説明がわかりやすく、伝え方が上手い。
  • 前向きな性格が感じ取れる。(暗い人は不利)

 

ひとくちにコミュニケーション能力と言っても会話が成立するだけでは不十分です。

視線や素振り、表情、姿勢、雰囲気など非言語的コミュニケーションも注意が必要。

むしろ、これらで人物像を読み取られているようなので普段から気をつけて欲しいです。

気持ちの管理、友達との会話でも伝えやすさを意識するなど普段から意識しましょう。

 

結局は、前向きでやる気がありコミュニケーションが上手な人が採用されるようです。

ありきたりな結論になりましたが、実際は貴重な存在で、少数派と言えます。

日常生活を見渡しても、そんなアクティブな人はなかなかいませんよね。

 

不採用が続くと、表情が暗くなり、猫背になり、思考もネガティブになりがちです。

塞ぎこんでいれば友達や家族でも気づくのですから、人事担当なら尚更のこと。

 

いっそのこと、就職活動を良い機会として、自分を改造してみてはどうでしょう?

どのみち就職が決まったら、社会の荒波に揉まれ、いろいろな問題と闘うのです。

今から取り掛かれば、採用の確率が高まり、仕事力も伸びるので一石二鳥ですね。

タイトルとURLをコピーしました