就職活動を効率化する情報収集

就職活動を効率化するための求人情報の探し方です。

結論から言えば、職種ごとの求人情報の収集方法を知りましょう。

 

就職活動を効率化する情報収集

就職活動をする上で情報収集は欠かせません。

とりわけ求人情報はなるべく多く集めたいもの。

効率的な求人情報の収集法を勉強しましょう。

人生を変える求人に出会えるかもしれません。

 

職種に合った情報収集をすること

職種に合わせた求人情報の探し方を知っていればスムーズに見つかります。

大まかに分ければ、職種ごとの求人情報の探し方は以下のようになります。

 

  • 事務職 → 新聞・雑誌・ハローワーク
  • 技術職 → 就職情報誌・業界紙

 

また、情報通信系企業(IT関連)や電子機械メーカーであれば、

インターネットによる「求人募集」だけではなく「応募」も多い傾向にあります。

 

新聞ごとの求人情報の傾向

最近では、新聞で求人を探す人は減ってきています。

しかし、どこに有益な情報があるかはわかりません。

大手新聞ごとの求人情報の傾向は以下のとおりです。

 

  • マスコミ業界 → 朝日新聞
  • 専門職     → 日経新聞
  • 専門職・一般事務職・ガテン系 → 読売新聞・毎日新聞

 

求人情報の多い時期を知ろう

企業にもバイオリズムのようなものがあり、採用が活発になる時期があります。

就職活動をするときは、採用が活発になる時期を、就活のピークとしましょう。

 

企業の採用は、「1月~3月」「7月~9月」が活発になります。

「1月~3月」は4月からの新事業年度の展開に合わせて人材を補充しようとする為です。

また、年末のボーナスをもらってから退職者が増えるのでその人材の補填も必要ですね。

 

「7月~9月」から求人が増えるのも、10月からも新事業年度の事業展開も行われます。

この2つの時期には、中途採用が増加するので既卒者・フリーターは覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました