履歴書は手書きではダメなのか?

履歴書は手書きという先入観があります。

PCで作成できるなら効率が良いですが、残念ながらいまだに履歴書は手書きという企業が少なくないと思われます。

対策としては履歴書は手書き、職務経歴はPCで作成するのが1番です。

 

履歴書は手書きではダメなのか?

「履歴書=手書き」という先入観があります。

しかし、何十社分も履歴書を書いていると、さすがに効率が悪いことに気づきますね。

 

結論から言えば、「手書き派企業」と「PC派企業」の両方が存在します。

一説には、大企業やIT系企業にPC派が多く、中小企業には圧倒的に手書き派が多いと。

とは言っても、大企業であれ履歴書は手書きとする方もいる訳で、要するにわからない。

 

当サイトとしては「履歴書は手書きにする方が安全」という期待に沿えない結論です。

はっきり言って、PC作成が主流なら、求職者にとってはこれほど楽なことはありません。

個人的なことを言えば、いつまでこのような非効率的な常識を守り続けるのでしょうか。

 

応募書類を効率的に作成するために

「履歴書は手書き」が安全ですが、職務経歴書はWordで作成しましょう。

履歴書で文字で意欲や人物像をアピールし、職務経歴書でPC能力をアピールします。

また、職務経歴書の作成には若干のレイアウトが必要なのでバランス感覚も伝わります。

 

職務経歴書まで手書きしている方は、今日からPC作成にシフトするべきでしょう。

企業への応募書類は書き損じたらアウトですから、緊張で神経も疲れてしまいます。

履歴書は丁寧に手書きする、職務経歴書はPC作成にする、これで間違いなし。

 

ちなみに、事務職は「文字の綺麗さ」を当たり前に要求されるようです。

知人の採用担当者いわく、「事務職の募集ではひとつの要素として見ている」。

仕事上、文字を書くことが多い業種はそれなりに見られていると考えられますね。

タイトルとURLをコピーしました