人事の本音を知ると就活がわかる

人事の本音を知ると就職活動が変わります。

面接で良かれと思っていることが人事担当者にはマイナス評価になっていることがあります。

人事の視点や本音を知って、正しい就職活動の方法を逆説的に知りましょう。

 

人事の本音を知ると就活がわかる

面接・書類選考で落ちる人には共通点があります。

企業・人事の立場から考えて行動していない。

 

面接で良かれと思って取っている行動・態度が、実は面接官に悪印象を与えているかもしれません。

飲み会で人事担当者のお話を伺ったり、インターネット上の人事担当の記事を読むと、採用時の基準、落ちる人の特徴、採用したい人の特徴、採用される書類の特徴などなど・・・具体的に浮き彫りになってくることも多く、就活で絶対有利になれます。

 

例えば、応募書類に関する求職者の典型的な勘違いがあります。

あなたが書いた履歴書や職務経歴書を人事担当者はしっかり読むと思いますか?

答えは「まず、読まない」

 

採用担当者は膨大な量の応募書類に目を通さなくてはなりません。

想像するとわかりますが、数百枚の履歴書を1枚1枚読むのは、かなりしんどいですよね。

したがって、斜め読みをし、興味を持って始めて、応募書類の文章まで読むらしいのです。

 

既卒者や第二新卒者が書類選考を突破するには、このハードルを意識しましょう。

いかにして人事担当者に「会いたい」と思わせるかを基準に応募書類を作成しましょう。

自己PR欄に「コミュニケーション能力に自信があります」なんて皆が書いています。

僕の知り合いの人事担当者曰く『ありきたりで見飽きた』「就職サイトのコピペ」

 

人事の本音を知れば、行動が変わってくる

このように採用の現場も意識すれば、就職活動の具体的なノウハウが見えてきます。

人事の目線を意識して行動・態度・会話が出来ればデキル奴と見てもらえるでしょう。

逆に、この点がデタラメだとマイナス評価になり、不採用が連続することになるでしょう。

 

インターネット上から「人事の本音」「人事の視点」がわかるコンテンツを集めてみました。

当サイトのカテゴリから、ぜひご覧になって下さい。就職活動が好転するかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました