フリーターこそ転職サイト使おう

既卒・フリーターは転職サイト・エージェントを利用できないと思っていませんか。

実は、最近では既卒・フリーター向けのリクルートエージェントも登場しています。

転職サイトのメリット・デメリットからフリーターのリクルート会社選びを考えます。

 

フリーターこそ転職サイト使う

フリーターが転職サイトを使えるのか?

答えは既卒・フリーターでも「使えます」。

 

フリーター専門の就職サイトもあるぐらいです。

転職サイトのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

転職サイトと言うのは、簡単に言えば求職者の就職をサポートをしてくれるサービスです。

求職者と企業の間に入って、取り次いでくれたり、求人を紹介、アドバイスもしてくれます。

既卒・フリーターは転職サイトは登録は不可でしたが、昨今はハードルも下がりました。

また、既卒・フリーター向けの転職サイトも現れるなど新しい流れも生まれてきています。

 

「転職(就職)エージェント」のメリット

  • 一般に公開していない求人がある。
  • 企業との連絡を取り次いでくれる。
  • セミナー・アドバイス等からノウハウを得られる。
  • 選考結果のフィードバック(反省)をしてくれる。
  • リクルートエージェントと親密な企業であれば書類選考も通過しやすい。
  • エージェントと就職活動をするので、孤独な状態には幾らか陥りづらい。

 

「転職(就職)エージェント」のデメリット

  • 就職活動の主体性を失いやすい(お客さん状態になる)。
  • エージェントとの相性が悪いと利点が著しく損なわれる。
  • 経歴の弱い既卒・フリーターには、良い求人が来づらいという現実もある。

 

既卒・フリーターだからこそ転職エージェント・就職サイトを使おう!

既卒・フリーターは1人で就職活動をしていますから、何かと孤独になりがちです。

また、情報源が書籍やインターネット、ハローワークに偏るので視野が狭くなります。

「転職エージェント」や「就職サイト」でエージェントが付けば幾分変わってくるはず。

 

情報量の多いエージェントからアドバイスをもらったり、心理的な悩みを相談出来ます。

また、セミナー等で同じ境遇の仲間を作ることも可能なので、メリットは大きいでしょう。

 

ただし、可能な限り「既卒・フリーター専門のリクルート会社」を選びましょう。

その他のリクルート会社は「職歴の豊かな人が優遇されてしまう」というのが現実です。

最悪、放置されることもあるので(実体験)、フリーター向けのリクルート会社が最適。

タイトルとURLをコピーしました