フリーターのための履歴書講座

フリーター向けの履歴書の書き方です。

学歴欄や職歴の書き方など既卒者には悩むことがあります。

また、趣味や特技欄などは軽視してはいけません。

 

フリーターのための履歴書講座

既卒者は多くの履歴書を書くことになるでしょう。

その点、効率が求められてくる問題もありますが、早い段階で正しい履歴書の書き方を知りましょう。

 

印鑑は “最初に” “キッチリ”と押す

書き終えてから印鑑を押すのはやめましょう。

印鑑がズレてしまえば、一からやり直しです。

印鑑は履歴書を書き始める前に押すべきです。

 

また、印鑑はキッチリと押した方が人事の印象は良いです。

履歴書をたくさん書いているとズレても「まぁ良いか」と思うことがあるでしょう。

しかし、インクが薄かったり、ズレていたりするといい加減な印象を与えます。

 

苦手なら練習します。印鑑の達人になってしまいましょう。

どのみちハンコは一生押すものなので覚えていて損は無いです。

 

学歴欄は読み手にわかりやすく

大学中退・専門学校・海外留学の経験などプラスアルファがある人もいますが、詳しく書けばよいのではなく、読み手がわかりやすいように書くことが大切です。

 

あまりゴチャゴチャするのは考えものなので、簡潔を心がけるようにしましょう。

 

職歴欄にはアルバイト歴も書く

本来、企業はパート・アルバイト歴を「職歴」と見なすことはほとんどないです。

ですが、それでは既卒者・フリーターはまったく職歴を書くことが出来ないでしょう。

 

その為、ヤングハローワークではアルバイト歴を職歴として書くよう指導しています。

また、応募職種と関連性の高いアルバイトはアピール出来るので必ず書きましょう。

 

資格欄に「特になし」はNG

応募職種に関係のない資格を書くのは遠慮してしまいますね。

ですが、「特になし」の方が人事の印象は悪くなると言うのが一般的。

 

アピール出来るような資格は、応募職種に関わらず記載するようにしましょう。

ただ、一部の資格はマイナス印象に働くことがあるので、その点は要確認。

 

趣味・特技などの自己PR

履歴書の形式には種類があるので自分がアピールしやすい履歴書を選びましょう。

例えば、趣味をアピールしたいなら、趣味欄が大きいものを選ぶと効果的ですよね。

 

また、趣味と特技で合否が決まることはありませんが、面接での話題作りになります。

趣味をきっかけに面接官と和やかな雰囲気なることもあるのできちんと書きましょう。

 

大学の履歴書は好ましくない場合もある。

既卒者になって間もない方には、大学の履歴書が余っている方もいるでしょう。

そこで、既卒者が大学の履歴書を使用して良いのか悩むことがあるようです。

 

結論から言えば、大学の履歴書は企業によって受ける印象が違ってくるようです。

「優秀な大学の出身だ」と人事の目に付くこともあれば、「学生気分が抜けていない」と悪い印象を与えるケースもあるのです。

無難なのは、文房具店などで市販されているJIS規格の履歴書です。

タイトルとURLをコピーしました