フリーターのための履歴書戦略

フリーターの履歴書にはほとんどの場合は弱点が存在します。

空白期間であったり、職歴がなかったり、大学を中退していたりなどです。

既卒者やフリーターはどうやってこの弱点を克服すればよいのでしょう。

 

フリーターのための履歴書戦略

既卒・フリーターは履歴書も弱点ですね。

「職歴」がなかったり空白期間があったりなど・・・大学を中退したと言う方もおられるでしょう。

 

このようなことから既卒・フリーターは面接以前に、書類選考で落ちるケースが多いです。

面接と書類選考が一緒の場合や、運良く面接まで通っても人事の鋭いメスが入ります。

対策としては、「職務経歴書」「自己紹介書」などで弱点をカバーするしかありません。

 

カバーレターを活用しよう

具体的には、職務経歴書で希望職種と関連性があるアルバイト歴について記載。

あるいは、長期間に渡って勤めたアルバイトがあれば「続く人だ」と伝えることも可能。

 

本来、パート・アルバイトは「職歴」ではありませんが、ヤングハローワークでは、上記のような指導をしていますし、そもそも職務経歴書の形式は自由なのです。

また、「自己紹介書」を履歴書に添付してアピールする方法もあります。

人事に自分という人間を想像させることが出来るので採用に繋がるかもしれません。

基本的な考え方として、既卒・フリーターの履歴書は弱点があるので、職務経歴書や自己紹介書などのカバーレターで可能な限りフォローしていきます。

タイトルとURLをコピーしました