既卒・フリーターの為の会社選び

既卒・フリーターが会社選びをする上で気をつけることをまとめました。

決して会社の知名度や大きさ、給料だけで会社を選ばないことが大切。

最大のポイントは経験を積める会社なのかどうかということです。

 

既卒・フリーターの為の会社選び

とにかく中小企業を選ぶこと

新卒至上主義に悩まされている既卒者が多いでしょう。

しかし、中小企業は必ずしも新卒主義ではありません。

 

新卒至上主義は年功序列の裏返しです。会社に長くいる人が偉いというシステム。

しかし、体力のある大企業はともかく、中小企業は年功序列が崩れてきています。

 

つまり、年齢だけで仕事が出来ない人材ではなく、戦力になる人材を大切にするのです。

既卒者・フリーターは中小企業に狙いを定めましょう。抜け穴があるかもしれません。

 

会社の大きさ、知名度、給料の高さで会社を決めないこと

有名大学出身の既卒者にありがちですが、会社の大きさや知名度にこだわるのはNG。

たまたま氷河期にぶつかり新卒で失敗したが、背負っているのは輝かしい看板(大学名)。

 

いつまでも知名度ある会社にこだわったり、突拍子もなく司法試験の勉強を始めたりする。

気持ちは理解できないわけではないですが、原則として大企業は新卒市場のものです。

 

また、日本の企業の99%は中小企業です。最初から「いい会社」に入れるのはごく小数。

プライドが邪魔して会社の大きさや知名度にこだわる既卒者は頭を切り替えるべきです。

 

そもそも「中小企業=悪い会社」は必ずしも成り立ちません。

日本の技術のほとんどは中小企業の町工場で生まれていますし、給与や福利厚生も充実していたり、右肩上がりの会社もあります。

給料・福利厚生・業務内容・離職率と定着率・ネット上の評判など、なるべく総合的な視点で自分に合った会社を選ぶことがポイント。

 

専門分野での経験を積むことが出来るのか

結局のところ、手に職をつけるには自分の専門分野の経験を積まなくてはなりません。

その分野の経験を積めるかという基準で求人を選び、面接の時にも確認するべきです。

既卒・フリーターが生活の不安から逃れるには、キャリアを1歩1歩踏むしかないのです。

 

既卒・フリーターの為の会社選び まとめ

  • 既卒・フリーターは大企業にこだわらないこと。中小企業を狙う方が合理的。
  • 会社の知名度などのわかりやすいもので判断せずに総合的に判断するべき。
  • 専門分野での経験が積める会社か確認するべき。キャリアを積めるところを選ぶべき。

 

既卒者は「入れそうで、経験もつめそうな会社」なら、とにかく潜り込みましょう。

社員数人程度であろうと構いません。「経験」と「職歴」を積むことが出来ればOK。

専門分野での経験が積み重なってきたら、さらに大きな会社へとステップアップします。

時間は掛かるかもしれませんが、既卒者やフリーターでも手に職をつけられるのです。

タイトルとURLをコピーしました