フリーターの平均年収は150万円

フリーターの平均年収は150万円です。

また、生涯賃金は約6840万円で、正社員は3億円。その差額は2億3000万円にもなります。

退職金や老齢年金の数字を見てもフリーターの将来が明るいものではないことは明らかです。

 

フリーターの平均年収は150万円

フリーターの平均年収は150万円、だそうです。

正社員の平均年収も落ち込んでいるわけで、当然フリーターの年収も年々下がり気味です。

正直、将来が不安にならざるを得ませんね。

 

もちろん、統計によっては数字に上下がありますが、そこはアルバイトの年収、月給10数万円が限度で、平均年収150万円という数字には説得力に富むものです。

平均年収だけではなく、生涯賃金・退職金・老齢年金についても見ていきましょう。

 

フリーターと正社員の生涯賃金

正社員の生涯賃金は「大卒男性-約3億円」で、年末ジャンボの一当前後賞に相当します。

一方で、フリーターの生涯賃金は「約6840万円」で、差額は約2億3000万円です。

 

毎日、忙しく働いていれば、年末ジャンボほどの差額あるとは到底想像できませんね。

僕がこの数字を見たときはかなりショックでしたが、これがフリーターの現実なのです。

 

フリーターと正社員の退職金

正社員の退職金は「大卒男性-約2739万円」で、一軒家を購入できるぐらいの額ですね。

一方で、フリーターの退職金は基本的に「なし」で、あっても「寸志」程度でしょう。

 

退職金を住宅ローンの支払いの目途にしたり、老後に必要なお金に当てるのが一般的。

フリーターには年金を払っていない方も多数いるので、老後の不安は尽きませんね。

 

フリーターと正社員の老齢年金

年金の話題ついでに老齢年金も。正社員が受け取る老齢年金は「大卒男性-約4300万円」。

一方で、フリーターが受け取る老齢年金は約1166万円で、差額は3133万円です。

 

しかも、この数字はフリーターを続けながら国民年金の支払いをしっかり行った場合です。

ちなみに、フリーターの場合は、月々の平均で5.4万円程度から受給を開始するそうです。

 

【まとめ】 大きな賃金格差 フリーターからの脱出を

気持ちが落ち込むような記事でしたが、慰めよりも真実の方が救いになることでしょう。

生涯賃金3億円という数字を見ても、フリーターより正社員が良いのは火を見るより明らか。

 

「そんなことはわかっている!」というお声もありそうですが、数字はそれだけでもリアル。

落ち込むのではなく、このリアリティを胸に刻んで就職活動に励んでいただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました