正社員登用制度のある会社の実態

正社員登用制度がある会社は、本当に登用してくれるのでしょうか?

結論から言えば、正社員に登用してくれる会社は存在しますが、かなり仕事ができる人でなければなりません。

 

正社員登用制度のある会社の実態

正社員登用制度から社員への途を考えている方も、不景気の昨今ゆえ、増えてきているようですね。

実際、本当に正社員になれるのでしょうか?

 

結論から言えば、正社員にはなれますが社員以上に仕事が出来なければ難しい。

以前、知人の人事担当者らと飲みに行ったとき、さりげなくこのテーマを振ってみました。

人事担当者らのお話をまとめれば、正社員登用制度のポイントは以下の通りになります。

 

まず、正社員登用制度を謳いながらも、実際には登用しない会社もあるので要注意。

アルバイトで働きながら、古株の社員や親切な先輩に実態を聞く必要があるでしょう。

 

実際に、正社員登用を行っている会社であれば、仕事振りが焦点になってきますね。

社員登用には、現場の上長の推薦が必要になるので、評価が高くなくてはなりません。

どれほど求められるかと言うと「社員以上の働きをする者」という声が多かったです。

わざわざ正社員にするほどの人材ですから、よほどデキル人でなければなりません。

 

正社員登用制度のある会社を探してチャレンジすること自体は素晴らしいです。

ただし、かなりの働きを求められるので、社員に登用されるのはごく少数です。

最初から正社員を目指した方が良い場合もあるので、慎重に判断するべきです。

タイトルとURLをコピーしました