第二新卒で採用されるために

第二新卒者の面接を有利にする方法。

人事担当者が第二新卒者を面接する際に「すぐに辞めないか」ということを気にしています。

したがって、会社で改善する努力をした事実があるかどうかが問われるのです。

 

第二新卒で採用されるために

第二新卒者が就職する(転職する)際に、気をつけなくてはいけないことがあります。

人事担当者は第二新卒者を面接する際に、「すぐに辞めないか?」と不安になります。

求職者は会社を辞めた理由に「キャリアアップ」「スキルアップ」を掲げますが、実際は「人間関係」を理由に転職している人が多く、人事担当者はそこを疑います。

 

第二新卒者が面接を有利に運ぶ方法

今勤めている会社で解決する努力をしましょう。

  • 人間関係のトラブルは上司に相談する。
  • キャリアアップが出来ないのなら部署異動を申し出る。

 

上司や会社の対応によっては問題が解決し、転職しないで済むかもしれません。

もしくは、転職の決心をさらに強めることになるかもしれませんが、メリットは生まれます。

 

就職(転職)活動の面接時に「解決しようとした既成事実」が役に立つからです。

なぜなら、「キャリアアップ」「スキルアップ」という美辞麗句で表面を固めたとしても、今いる会社で解決しようとしていなければ、人事担当者は疑問を持たざるを得ません。

 

「人間関係で辞めたな」「他人のせいにする性格なのだろう」と判断されてしまうでしょう。

『ウチの会社に入社しても、どうせ辞めるだろう』と採用を見送られてしまいます。

もう辞めてしまった人はともかく、在職中の方は行動を起こすと、その後も有利でしょう。

 

もう辞めてしまった第二新卒者は?

既に会社を退職し、フリーターをしながら就活している第二新卒者もおられますね。

「解決する努力をした」のであれば事実を話しましょう。事実がなくても方法はあります。

前職の退職理由を聞かれた時に「事実⇒反省⇒志望動機」の形式を用いるのです。

 

 

「新卒時の面接では○○の業務を行えると聞いていました。

しかし、実際に入社してみると△△の業務に従事することになったのです(事実)。

 

当初は『話が違う』と感じていましたが、私が組織の難しさを理解していませんでした。

また、結果的に△△という業務に従事できたのは、貴重な体験になりました。(反省)。

 

ですが、やはり○○という業務への関心を捨てきることは出来ません。

したがって○○の経験を積むことが出来るという御社を志望しました(志望動機)。」

この形式を用いることによって、前職の会社への非難を避けることが出来ます。

また、自分自身にも非があったということを認めているので反省の姿勢が伺えます。

最後の「理由」の下りで、人事担当者は面接に来たプロセスを理解するでしょう。

 

「解決しようと努力した」第二新卒者もこの形式は有効活用すると良いでしょう。

(事実)に解決しようとした努力を挿入し、(反省)で自分の非も認めてみます。

これにより、会社への恨み節にならず、面接を有利に運ぶことが出来るでしょう。

タイトルとURLをコピーしました