会社四季報を就職活動に役立てる

会社四季報を就職活動に役立てることが出来ます。

主に会社の特徴と財務状況を確認することが出来ます。

経営難の会社に入社しないためにも出来ればチェックして欲しいところです。

 

会社四季報を就職活動に役立つ

「会社四季報」とは上場企業のデータを収めた本です。

資本金・株式構成・役員・おもな販売先・仕入先・過去数期の業績、支店・営業所・工場など・・・会社の客観的な情報を掲載しています。

 

就職活動では、会社のHPやネットの口コミを参考にしがちですが、会社のHPは外向けの情報で、口コミは「良・悪」に偏りがちです。

その点、「会社四季報」は飾りっ気のない、会社の実態を示したデータブックです。

『成長企業です』と言いながらも、経営難に陥っていたりすることも現実にあります。

「会社四季報」でわかることは大きく分けて2つ『業務内容』『財務状況』です。

 

『業務内容』について

『会社四季報』の右側は、主に企業の「業務内容」や「特色」が掲載されています。

個人で言えば性格に当たるところで、企業の特徴が如実に現れているところです。

 

『特色』    ⇒ 「企業の強み」に当たることや企業の目指す方向性が示されています。

『連結事業』 ⇒ 「売り上げ」を構成する事業(何で儲けている会社なのかがわかります)。

 

『財務状況』について

財務状況を確認する意義は、経営難の会社かどうかを見分けることにあります。

用語がわからないと言う方は、太い赤字の項目だけチェックしても見方がわかります。

 

「総資産」 –現金・預金・不動産・生産設備・在庫・減量

 

「株主資本」 –「総資本」-「負債」

 

「株主資本比率」「株主資本」-「総資本」

⇒ この値が大きければ大きいほど、借金の少ない企業。

⇒ この値が40%以上であれば経営が安定した企業です。

⇒ 総資産を超える借金をしている場合(経営難)は計算不能で「-」と表記。

 

 

「株主資本比率(ROE)」「当期純利益 / 株主資本 × 100」

⇒ この値が大きければ経営状態は良好。

⇒ 株主資本が健全な値で、ROEが10%以上なら安定した企業です。

 

※ROEの見方は、ある程度専門的なので、理解できない方は無視して結構です。

 

『会社職員録』もチェックしてみよう

『会社職員録』もチェックしてみましょう。

『会社職員録』から分かるのは「学閥がある会社か?」「中途採用者は多いか少ないか?」という2つのことです。

 

ただし、やたら高額な本なので立ち読みにしましょう。

大型書店に行けば置いているところも多いはずです。

 

「管理職以上の出身学校」⇒偏っていれば学閥がある可能性が高い。

「入社年月日」⇒4月入社の割合から、中途採用者が多いか少ないかが分かる。

タイトルとURLをコピーしました