フリーターの末路はどんなもの?

フリーターの末路はどんなものでしょうか?明るい未来ではないことが確かです。

年齢に比例して正社員のチャンスは減るどころか、求人自体も減少傾向にあります。

 

フリーターの末路はどんなもの?

フリーターの末路はどうなってしまうのでしょう?

「このままフリーターだったら」と不安がもたげますね。

はっきり言って、明るい未来は待っていないと断言できます。

 

某掲示板のコピペです。かなり極端ですが、嘘ではないでしょう。

僕の感想は「最悪のケースではこうなるかも」。結構、秀逸です。

 

10代、20前:

適当に暮らしていても、親もまだ現役世代なのでまだまだパラサイト可能。

夢がある、やりたい事を探しているなどといいつつ、社会人に比べると たいした苦労もなく、自由を謳歌した気ままな生活を送る。

” 一生フリーターでもいいや “などと豪語する。

 

↓↓今ここ↓↓

20後~30前:

同級生たちは中堅どころ。自分はまだまだ浮草生活。

ただ、親が定年退職した頃から生活費が苦しいことをリアルに感じ出す。

しかし改心していざ職に就こうにも年齢制限、職歴なしで全て書類落ち。

面接にも漕ぎ着けられない。ようやく現実を知る。

身分に差がつき始め、恥ずかしくて友人の結婚式や同窓会に出席できなくなる。

 

30後~40前:

社会人の同級生はぼちぼち管理職となり月収も増え、ボーナスの額に一喜一憂するが、自分の時給は20代の頃と変わらない。

それどころか、体力は衰える一方なのに、バイト内容は、相変わらず、単純作業・深夜・立ちっぱなし等の肉体労働。

いまだ職歴なし。普通の庶民の生活に憧れるが完全に手遅れ。

結婚も家庭も諦める。絶望が全身を支配する。

 

40後~50前 :

若いフリーターの方が使えるのでバイトをクビになる。

いつしか一線を超えてしまい、雨風をしのぐためのビニールシートを購入する。

服は毎日同じ。プライドを捨て、コンビニ・飲食店の残飯あさりを始める。

 

50前~60代 :

同世代は孫ができ、退職後は退職金やこれまでの貯蓄、年金等で、贅沢とは言えないまでも普通の暖かい老後を送る。幸せな普通の人生と言える。

一方、長年に渡る浮浪者生活で体はボロボロ、あちこちが痛む。しかし健康保険もないので病院にも行けない。

もちろん国民年金などもらえない。あとは時間の問題にすぎない。

 

【ソース】→ フリーターの末路

 

まともな職に就けないこと 心がボロボロになること

僕もこれまでのフリーター人生で、40代、50代のフリーターの方と働いたことがあります。

やはり結婚している方は少なく、生活も苦しそう、20代の僕に金の無心を迫ってきたことも。

 

失礼な話になりますが、精神状態が悪化しているのか、偏屈で意地悪な方が多い印象でした。

若いフリーターと一緒に働いているので、人員整理の時に首を切られていたこともありました。

 

やはり、フリーターの末路は(1)職に就けないこと(2)心がボロボロになることでは?

また、正社員になれたとしても過酷な肉体労働やブラックに勤めているケースもよく聞きます。

 

若いときがチャンスです。 具体的には30歳が一つ目のボーダーラインと言われています。

当サイトはフリーターの脱出を応援するサイトです。アクセスしたからには這い上がって下さい。

タイトルとURLをコピーしました